ヴィーナスリフレクションの効果

ヴィーナスリフレクション

ヴィーナスリフレクション

ヴィーナスリフレクションはジェルでもクリームでもない新感覚のジェルクリームファンデーション

 

光肌と言いますがレフ板はレフは反射という意味で、本来暗くなる側に光を反射する性質を持つレフ板を使うことで、光を反射させて被写体を明るく見せることができます。そんな意味でヴィーナスリフレクションは水光肌になるのです。

 

ヴィーナスリフレクションは光を操り、素肌を輝かせる美肌ケアも叶うファンデーション。
レフ板ファンデーションだから肌に馴染みやすく自然な仕上がりになります。使用満足度が93%でとても好評。

 

ぜひお試しください。

 

WEBキャンペーンにつき今は初回限定 52%オフの送料無料
とってもお得な2980円

 

ヴィーナスリフレクションの効果と特徴

ヴィーナスリフレクションのここがすごいところ

 

1日中崩れにくいワンデイメモリー処方
独自技術 ロングラスティング効果で毎日爽やか

 

美肌乳酸菌 ラ・フローラ
肌荒れをケアしてみずみずしい肌に近づきます。

 

 

8種のエイジングケア成分配合

ヴィーナスリフレクション

 

1本で5役のオールインワン役目

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー
  • ファンデーション

 

コンシーラーで隠してさらに上からリキッドファンデーションで隠したりとあれこれ使用せずに1本でOK!
時短の上に塗ってサラサラ自然な仕上がり。

 

9つのフリー

ヴィーナスリフレクション

 

 

ヴィーナスリフレクションの数値はSPF50+PA+++。この数値なら日焼けも十分防ぐことが可能。

 

SPFとPAとは?
SPF
SPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、UV?Bに対する防止効果を示すもの。SPFの数値は、日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線を当てると、翌日に肌がかすかに赤くなるかを示しています。SPFは2?50、さらに50以上の場合は「50+」と表示され、数値が大きいほどその防止力が高まります。

 

PA
PAとは、「Protection Grade of UVA」の略。UV-Aに対する防止効果を示すもので、PAは「PA+」?「PA++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります。

 

ヴィーナスリフレクションのメリット・デメリット

メリット

  • 光ヴェールで凸凹肌がツヤ肌に
  • シミ、毛穴を自然にカバー
  • 美容液配合でつけてる間もエイジングケア
  • 厚塗り感なしで素肌っぽさ
  • SPF50でうっかり日焼けなし

 

デメリット

  • しっかりメイク派には物足りない
  • 色が一つのため肌色に合わない人もいる
  • テカリが気になる人もいる
  • 肌質によって合わない人もいる

 

ヴィーナスリフレクションの口コミ

カバー力がすごいとのことで、シミや毛穴、シワを隠せることに魅力を感じ、また崩れにくそうな点にも期待して購入してみました。
私は仕事や出かける日の、割りとしっかりメイクする日の朝に使っています。

 

ヴィーナスリフレクションのカバー力は確かにすごくて、一塗りで毛穴をしっかり隠せます。また、化粧崩れもしづらく、綺麗なお肌が持続。

 

ヴィーナスリフレクションの独自技術である「ロングラスティング効果」により、ファンデを滲ませずにツヤ感を形状記憶し、1日中化粧を崩れづらくしてくれてるんですって。
毛穴をカバーしたい人や、しっかりメイクが好きな人におすすめのジェルクリームファンデーションですね。

 

 

メイクから時間が経つとTゾーンや顎先の皮脂が多いところから崩れ始め、一方で?やほうれい線あたりの乾燥するところはヒリヒリとしてしまい、リキッドファンデーションとパウダーの中間あたりのファンデーションが良いのかと悩んでいました。ヴィーナスリフレクションは、ジェルの透明感がありながらクリームファンデーションのようなカバー力があり、良いとこ取りをしている所に魅力を感じました。

 

また、メイク崩れを気にせず、綺麗なみずみずしい肌をキープできそうだと思い、購入してみました。乾燥の気になっていた?でしたが、ヴィーナスリフレクションを使うと自然にカバーしつつツヤが出るので、一日中乾燥は気になりません。まるでうるおいの肌バリアがパワーアップしたみたい。